新宿二丁目 更科そば屋 蕎麦が大好きなあなたのお店のTOPに戻る

蕎麦の栽培

蕎麦は七五日たてば旧へ返る」

と言われる地方もあるそうで、意味は種を蒔いて75日で収穫できるほど実りが早い。


播種から収穫までの期間が稲、麦などに比べ非常に短いです

−−−−−−−−−−−


蕎麦は種を蒔いて収穫までの期間がとても短いので、


飢餓に備えて栽培が奨励されていました。



それから開墾地とか火山灰地のような痩せた土地でも育つ貴重な作物でもありました。




                  




−−−−−−−−−−−−


蕎麦といえば、昔から信州が名産地として知られていますよね。


蕎麦は本来、高冷地に適しているので高原地帯である信州は良い蕎麦がとれます


−−−−−−−−−−−−


蕎麦といえば、昔から信州が名産地として知られていますよね。


蕎麦は本来、高冷地に適しているので高原地帯である信州は良い蕎麦がとれます。


その他に妙高、黒姫、戸隠高原一帯が有名ですね


−−−−−−−−−−−−
関連コンテンツ

蕎麦が伸びるって?どいいうこと

味しい蕎麦の条件には俗に言われている「三たて」というのがあります。 「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」ということです。 蕎麦を茹で上げてからの水の切れ具合もうまさにとても関係していま・・・

蕎麦湯のお話

そば湯とは、蕎麦は栄養のバランスが優れている食品です。 そのそばを茹でたお湯のことで、これにはそばを打つときに用いられるうち粉が溶け込んでいたり、そばの栄養分が十分に含まれています。 ・・・

蕎麦の名前の由来

蕎麦はどうしてソバ? 918年刊の「本草和名」では「曽波牟岐」と書いてソバムギと読まれたということです。 ソバの実の形が三角形で三つの稜(そば・角)があるので、このとからきているそうで・・・

油揚げはなぜ「きつね」?

「油揚げ」作り方は結構手間がかかっているようで 薄い豆乳で作った硬い豆腐を、薄く切り、水切りをして110℃の低温油で揚げ、 さらに180℃の高温の油で二度揚げか三度揚げでつくる。w・・・

揚げ玉はなぜ「たぬき}?

揚げ玉を載せたものを、たぬきそば、うどんと呼ぶところが多い。 どうしてこう呼ぶのか?。 説の一つに、「タネ」を入れずに(抜いて)揚げた天ぷらが揚げ玉、「タネ抜き」が訛って「たぬ・・・

たぬき・むじな事件とは

※たぬき・むじな事件(たぬき・むじなじけん)とは、1924年(大正13年)に栃木県で発生した狩猟法違反の事件のことです。 (以下、wikipedia/たぬき・むじな事件より引用) 1924年2月2・・・

むじなそばのお話いろいろ

冷やしむじなそば。むじな?貉?。 油揚と揚げ玉が一緒に入ってます。 あっさりにプラスαがオススメ。狸と狐の間の子とか狸やハクビシンとか説いろいろ。 新潟に出没するという噂が。 ・・・