新宿二丁目 更科そば屋 蕎麦が大好きなあなたのお店のTOPに戻る

蕎麦湯のお話

そば湯とは、蕎麦は栄養のバランスが優れている食品です。


そのそばを茹でたお湯のことで、これにはそばを打つときに用いられるうち粉が溶け込んでいたり、そばの栄養分が十分に含まれています。

−−−−−−

そば湯が入っている容器を湯桶(ゆとう)といいます。

そば湯には水溶性のビタミンB類、ルチン(老眼予防にいいとされている)がたくさん含まれています。


溶け出た栄養分を補給するためにもオススメします。








−−−−−−

ソバのタンパク質の半分は水溶性です。

ですからこの分はそば湯の中にたっぷり溶けています。

これはソバのうま味でもありますから、蕎麦をすべて味わうという意味でもそば湯は飲んでいただきたいですね。

−−−−−−

飲み方は、そのままでもいいですし、だしを少しいれていただいてもいいですね。


そば粉をお湯で溶いてつくった、単純なそば湯より、蕎麦をゆでた釜の湯のほうが香り高く旨みがありますね。


−−−−−−−

そばの後の蕎麦湯を飲む風習は信州が始までそれが江戸に広まったということです。

元禄以降らしいです。

名前も「ぬき湯」と呼ばれたそうです。


元禄の頃から蕎麦湯を飲めば病気にならない言われいる「蕎麦湯」をあなたも是非、楽しんでくださいね。
関連コンテンツ

蕎麦の栽培

蕎麦は七五日たてば旧へ返る」 と言われる地方もあるそうで、意味は種を蒔いて75日で収穫できるほど実りが早い。 播種から収穫までの期間が稲、麦などに比べ非常に短いです −−−−−−・・・

蕎麦が伸びるって?どいいうこと

味しい蕎麦の条件には俗に言われている「三たて」というのがあります。 「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」ということです。 蕎麦を茹で上げてからの水の切れ具合もうまさにとても関係していま・・・

蕎麦の名前の由来

蕎麦はどうしてソバ? 918年刊の「本草和名」では「曽波牟岐」と書いてソバムギと読まれたということです。 ソバの実の形が三角形で三つの稜(そば・角)があるので、このとからきているそうで・・・

油揚げはなぜ「きつね」?

「油揚げ」作り方は結構手間がかかっているようで 薄い豆乳で作った硬い豆腐を、薄く切り、水切りをして110℃の低温油で揚げ、 さらに180℃の高温の油で二度揚げか三度揚げでつくる。w・・・

揚げ玉はなぜ「たぬき}?

揚げ玉を載せたものを、たぬきそば、うどんと呼ぶところが多い。 どうしてこう呼ぶのか?。 説の一つに、「タネ」を入れずに(抜いて)揚げた天ぷらが揚げ玉、「タネ抜き」が訛って「たぬ・・・

たぬき・むじな事件とは

※たぬき・むじな事件(たぬき・むじなじけん)とは、1924年(大正13年)に栃木県で発生した狩猟法違反の事件のことです。 (以下、wikipedia/たぬき・むじな事件より引用) 1924年2月2・・・

むじなそばのお話いろいろ

冷やしむじなそば。むじな?貉?。 油揚と揚げ玉が一緒に入ってます。 あっさりにプラスαがオススメ。狸と狐の間の子とか狸やハクビシンとか説いろいろ。 新潟に出没するという噂が。 ・・・